セミナー等レポート

実践者向け 経営品質入門コース

講座名 『実践者向け 経営品質入門コース』(全3回)
日 時

テーマ
講 師
◆第1回 平成29年6月7日(水)

『経営品質向上活動における変革者とは?』

講師:高橋 良和 氏
(株式会社京進 取締役 総務本部長)
◆第2回 6月21日(水)
『思考を変えるとは?』
講師:平井 嘉人 氏
(京都経営品質協議会 運営委員/京都いのべーしょんオフィス IM)
◆第3回 7月5日(水)
『対話を変えるとは?』
講師:水谷 智子 氏
(京都経営品質協議会 副運営委員長)
■時間はいずれも14:00~17:00
会   場
京都いのべーしょんオフィス内 5階会議室
京都市中京区橋弁慶町222
アクセス:阪急烏丸駅、市営地下鉄四条駅22番出口から徒歩4分
受 講 料 会 員:おひとり 6,000円  非会員:おひとり 15,000円
内容

定員

申込期限
  • 「今いるメンバーで、もっと成果を出して、働きがいのある組織にするために何が必要か?」本講座では、組織をより活性化させ、成果を出すことのできる「変革者の在り方を学ぶ」ことがテーマです。
  • 組織の成熟度を高めて、目指す状態に近づいていくためには、経営トップだけでなく、組織で働く一人一人が変革へのリーダーシップを発揮し、行動することが求められます。
  • 本講座では、3回の学習を通して変革者としての在り方を学び、自組織で仲間と共に、経営革新に向けた活動を実践していけるようになることを目指します。
  • ぜひ、共に学び、実践につなげてまいりましょう!
◆定員:20名
◆申込期限:平成29年 6 月5日(月)
◆チラシ(pdf)はこちら↓
お問い合わせ先 京都経営品質協議会事務局

京都市中京区橋弁慶町222京都いのべーしょんオフィス内

TEL:075−744−1951

E-mail:hinshitu@kyo-quality.jp

 

 

 

お申込みはこちらから↓

のついている項目は必須項目になります。必ずご入力ください。


企業名・組織名

代表者名

郵便番号


所在地

電話


FAX

申し込み担当者

業種


京都経営品質協議会の会員

 会員 非会員

参加者名1


配属・役職1



電子メールアドレス1

参加者名2


配属・役職2


電子メールアドレス2



参加者名3


配属・役職3


電子メールアドレス3


今後、京都経営品質協議会からのご案内の送付について
 承諾する 承諾しない

通信欄
  • 本申込書により取得した個人情報は、申込内容の確認、当協議会事業に係る、連絡・案内などのために利用します。ご本人の承諾なく開示・第三者へ提供することはありません。

京都経営品質協議会事務局

TEL:075−744−1951

E-mail:hinshitu@kyo-quality.jp

2017年度 京都経営品質賞について

京都経営品質賞について

京都経営品質協議会は、2005年9月の設立以来、経営品質の普及啓発、及び会員の交流のための事業を中心に活動してまいりました。セミナー開催数や会員数においては、全国有数の地域協議会として注目されてきたところですが、一方で、経営品質向上活動の推進のためのより具体的な支援が必要との課題を認識しておりました。

これらの経緯を踏まえ、会員企業が次の一歩を踏み出せる機会を創出するため、平成28年度より「京都経営品質賞」を創設いたしました。

審査は「2017年度版日本経営品質賞アセスメント基準書」の内容に基づいて行い、京都府内の組織を中心に活動する、経営革新のモデルとしてふさわしい組織を表彰します。申請組織にとっては、外部評価を得ることで改善・革新活動を加速させ、成熟度の向上に寄与することを目的としたものです。

募集概要

審査基準  「2017年度版日本経営品質賞アセスメント基準書」の内容に基づいて行います。
各賞の概要  京都経営品質賞

京都を代表する企業・組織として賞賛すべき卓越した経営の方法、結果が認められる企業・組織。成熟度モデル評点総括B+以上。

 優秀賞

本賞には達しないものの、卓越した経営の実現に向けた努力が顕著に認められる企業・組織。成熟度モデル評点総括B-以上。

提出書類 ・「資格確認・申請応募書」の提出 … 8月下旬〆切

・「申請書」の提出 … 10月末日〆切

申請費用 324,000円(税込)/1組織
日程 ①「申請組織説明会」への参加(8月上旬)

②「資格確認・申請応募書」の提出(8月下旬)

③「申請書」の提出(10/31〆切)

④担当審査チームの編成と決定(11月初旬)

⑤書類審査(11月~12月)

⑥合議審査・現地審査(12月中旬~2017年1月中旬)

⑦京都経営品質賞委員会にて表彰組織の決定(2018年2月)

⑧評価レポートの送付(2018年3月上旬)

⑨フィードバック会議

⑩表彰式 及び オープンセミナー(2018年4月上旬)

申請ガイドブックのダウンロード

京都経営品質賞の申請ガイドブック、応募書類等は近日中に掲載いたします。もうしばらくお待ちください。

2017年度 組織プロフィール診断

組織プロフィール診断について

「組織プロフィール診断」は、経営品質向上プログラムに取り組もうと考えている企業(組織)が、「革新の第一歩」を踏み出すきっかけ作りとして創設しました。経営品質向上プログラムの考え方に共感し自組織で活用したいが、「何から始めればよいのか」「取り組み始めたがなかなか思うように進まない」というお声を頂戴することがあります。そのような組織の皆様にぜひ申請していただければと考えております。

診断の目的は、経営品質向上プログラムに取り組もうと考えている企業(組織)が、「革新の第一歩」を踏み出すきっかけ作りです。したがって、診断のプロセスでは、申請組織の「気づきの場」を作ることに着眼し、診断を進めます。申請組織の優劣や点数をつける(レベル評価をする)ことが目的ではありません。組織が目指すもの、内外の環境認識、それらに基づく課題を明確にすると同時に、組織内での対話を促すきっかけ作りを重視します。

<診断レポート>

1.組織の理想的な姿、現状認識、変化予測、課題認識 の明確さ・的確さや独自性

2.各要素の一貫性・整合性

3.戦略課題の明確さ・的確さや納得性

診断は、経営品質向上プログラムに関して十分な知識と経験を有する診断員が行います。申請を行ったすべての組織に対し、上記3つのポイントを含めた評価レポートを提出します。

 

募集概要

提出書類 ・診断応募書

・組織プロフィール

「2017年度版日本経営品質賞アセスメント基準書」の組織プロフィールに示されている項目すべてに関して記述してください。文書枚数は、目安としてA4横書きで10ページ前後とします。

・会社案内、商品・製品紹介および最近3年間の決算報告書

申請費用 108,000円(税込)/1組織
日程 ①「診断応募書」の提出(8/22〆切)

②「診断資料」等の提出(9/29〆切)

③個別診断(10月)

④個別ヒアリング(11月上旬)

⑤診断内容の合議・レポート送付(11月中旬~12月上旬)

⑥フィードバック・ミーティング

申請ガイドブックのダウンロード

組織プロフィール診断の申請ガイドブック、応募書類は以下からダウンロードできます。

「組織プロフィール診断」申請ガイド2017年度版

診断応募書「組織プロフィール診断2017年度」

京都経営品質賞 表彰式(第1回経営品質オープンセミナー)~終了しました~

テーマ 京都経営品質賞 表彰式(第1回経営品質オープンセミナー)
日時 2017年4月12日(水) 18:00〜20:15(受付17:40~)
会場
ハートピア京都 大会議室
 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
参加費 無料

(懇親会への参加を希望される場合は、懇親会費を申し受けます)

内容
 京都経営品質協議会が2016年度より創設しました「京都経営品質賞」について、第1回受賞組織が下記のとおり決定しました。

4月12日、ハートピア京都にて表彰式を執り行います。

当日は、現場での優れた取組みについて、受賞企業の代表者からご紹介いただくとともに、京都経営品質賞委員会から、審査で評価された強みについてお話いただきます。

経営品質向上活動に取り組む企業・組織の皆様には、是非お聞きいただきたい内容となっております。皆様からのご参加をお待ちしております。

 

●京都経営品質賞 本賞 該当なし

●京都経営品質賞 優秀賞 株式会社京進 英会話事業部

 

プログラム

18:00 開会挨拶

18:10 表彰式/受賞企業 代表者の挨拶

18:30 基調講演(京都経営品質賞委員会 委員長 岡本 正耿氏)

テーマ「ストーリーでイノベーションに取り組む」

19:00 パネルディスカッション

コーディネーター 坂本 崇氏(京都経営品質賞委員会 委員)

登壇者 (株)京進 取締役 第二運営本部長 兼 英会話事業部部長

立木 康之氏 他

20:00 2017年度事業のご案内

20:15 閉会

20:30 懇親会(希望者のみ)

 

●定員:表彰式 80名
懇親会 30名(先着順・定員になり次第〆切)
●チラシ(pdf)はこちら
お問い合わせ先 京都経営品質協議会事務局

〒604-8151京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町222

京都いのべーしょんオフィス

E-mail:hinshitu@kyo-quality.jp

TEL:075-744-1951

京都経営品質賞 第1回受賞組織が決定

(一社)京都経営品質協議会が、経営革新のモデルとしてふさわしい組織を表彰するために2016年度より創設した「京都経営品質賞」について、受賞組織が決定し、(株)京進 英会話事業部が「京都経営品質賞 優秀賞」を受賞することとなりました。

この賞は、学識経験者と行政機関で構成する「京都経営品質賞委員会」が決定したもので、今年が第1回目となります。(株)京進 英会話事業部は、【楽しい英会話学校の実現に向けた継続的プロセス改善】と【新規出校のスピードアップと新たなビジネス開発】が評価され、この度、優秀賞の受賞が決定いたしました。

なお、表彰式は今年の4月12日に開催予定です。

■京都経営品質賞(本賞)

該当なし

 

■優秀賞

株式会社京進 英会話事業部(ユニバーサルキャンパス)

 

【表彰理由】

株式会社京進 英会話事業部(ユニバーサルキャンパス)は京都・滋賀を中心に学習塾を展開する株式会社京進の英会話事業部として1998年に創部。1号店としてユニバーサルキャンパス(UC)伏見校が、翌年1999年にUC草津校、2003年にUC北大路校が開校し、2009年度より幼児~小学校低学年をメインターゲットに「英会話を手段として世界で活躍する人々の自立を支援する」という考え方に立って、「英語を楽しく学び、親しみ、英語が好きになる」英会話学校という独自のコンセプトの実現を目指し、セルフアセスメントによる経営革新に取り組んできた。

今回の審査では、特に京進本体と連携した新規開校、スクールマネージャーが中心となった運営職員とネイティブ外国人講師による教室運営、生徒や保護者から収集した情報を統合して顧客ニーズを洞察した新たなカリキュラムづくり、の各プロセスの状態に着目した。

以下に、【楽しい英会話学校の実現に向けた継続的プロセス改善】と【新規出校のスピードアップと新たなビジネス開発】という2つの経営革新のストーリーに沿って、その強みを総括する。

 

【楽しい英会話学校の実現に向けた継続的プロセス改善】

通常の英会話レッスンに加えて年6回のピクニックやサマーキャンプなどのイベントを組み合わせて商品提供を行うために、ネイティブ外国人講師でも楽しい教室運営が可能な標準化したカリキュラム・シラバスを整備するとともに、日本人の運営職員を各教室に常駐させ生徒や保護者とのコミュニケーションを活性化させている。

さらに、UCLAという独自のアセスメントシステムによって教室運営の在り方を継続的に改善するとともに、口コミや体験教室の開催によって生徒数を増やすことで、開校早期での黒字化を果たし2016年度末には14校5億円の事業規模に成長する見通しである。

 

【新規出校のスピードアップと新たなビジネス開発】

ターゲット顧客を明確にして、顧客ニーズを類型化・定量化し、開校エリアの選定やカリキュラム・シラバスの開発を行っている。

また、UCブランドを日本全国に5年間で3倍というスピードで展開していくために、事業部長と京進開発部が部門を越えて連携し、ビッグデータや大型商業施設の物件情報を収集、近隣小学校の生徒数や世帯所得の動向、競合状況などを分析して新規開校計画数の約3倍の中長期マスタープランを作成することで、年数校の開校を確実に進めている。

加えて、「国際社会で貢献できる人材を育成する」という京進創業時からの社会的使命を英会話事業部がリードするために、ミャンマー国立聾学校からのフェアトレードの取り組みの全社推進とともに、新たなビジネス開発に取り組んでいる。

 

■表彰式

日時:平成29年4月12日(水)18時開始

場所:ハートピア京都 大会議室

京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地

 

プレスリリース全文はこちらをご覧ください。

京都経営品質賞 優秀賞

 

≪参考≫

京都経営品質賞について

(株)京進 英会話事業部について

京都経営品質賞 創設について

京都経営品質賞について

京都経営品質協議会は、2005年9月の設立以来、経営品質の普及啓発、及び会員の交流のための事業を中心に活動してまいりました。セミナー開催数や会員数においては、全国有数の地域協議会として注目されてきたところですが、一方で、経営品質向上活動の推進のためのより具体的な支援が必要との課題を認識しておりました。

これらの経緯を踏まえ、会員企業が次の一歩を踏み出せる機会を創出するため、この度「京都経営品質賞」を創設いたします。

審査は「2016年度版日本経営品質賞アセスメント基準書」の内容に基づいて行い、京都府内の組織を中心に活動する、経営革新のモデルとしてふさわしい組織を表彰します。申請組織にとっては、外部評価を得ることで改善・革新活動を加速させ、成熟度の向上に寄与することを目的としたものです。

募集概要

審査基準  「2016年度版日本経営品質賞アセスメント基準書」の内容に基づいて行います。
各賞の概要  京都経営品質賞

京都を代表する企業・組織として賞賛すべき卓越した経営の方法、結果が認められる企業・組織。成熟度モデル評点総括B+以上。

 優秀賞

本賞には達しないものの、卓越した経営の実現に向けた努力が顕著に認められる企業・組織。成熟度モデル評点総括B-以上。

提出書類 ・「資格確認・申請応募書」の提出 … 8月22日(月)〆切

・「申請書」の提出 … 10月31日(月)〆切

申請費用 324,000円(税込)/1組織
日程 ①「申請組織説明会」への参加

②「資格確認・申請応募書」の提出(8/22〆切)

③「申請書」の提出(10/31〆切)

④担当審査チームの編成と決定(11月初旬)

⑤書類審査(11月~12月)

⑥合議審査・現地審査(12月中旬~2017年1月中旬)

⑦京都経営品質賞委員会にて表彰組織の決定(2017年2月6日)

⑧評価レポートの送付(2017年3月上旬)

⑨フィードバック会議

⑩表彰式 及び オープンセミナー(2017年4月上旬)

申請ガイドブックのダウンロード

京都経営品質賞の申請ガイドブック、応募書類は以下からダウンロードできます。

2016707京都経営品質賞申請ガイド2016年度版(pdf)

資格確認・申請応募書「京都経営品質賞2016年度版」(word)

第3回経営品質オープンセミナー~終了しました。ご参加ありがとうございました~

テーマ 第3回経営品質オープンセミナー
講師 ノアインドアステージ株式会社 代表取締役社長 大西 雅之
日時 2016年10月20日(木) 18:30〜20:30(受付18:10~)
会場
キャンパスプラザ京都 第4講義室
 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路939
参加費 ●京都経営品質協議会会員:無料

●非会員:2,000円(お一人)

●学生:500円(お一人)

内容

 京都経営品質協議会 第3回オープンセミナーは、全国で25のテニススクールを運営しているノアインドアステージ(株)より、代表取締役社長 大西雅之様をお招きします。ノアインドアステージ(株)は、1980年にテニスクラブ事業に着手、98年の西宮校の開校以来、多店舗展開を開始されました。個々のお客様に対し「価値ある時間と空間の提供」を目指し、社員・アルバイトの人間性を豊かにする教育に取り組んでいます。

「お客様一人ひとりに応じたレッスンを提供する組織力」、「他人を思いやる心を育み、行動できる人材に成長できる組織風土」が評価され、2013年に関西経営品質賞「優秀賞」を受賞されました。

今回は、社員同士の自発的な学び合いや助け合いの活動も含め、実践してこられた人材育成の取組みについてお話を伺います。

講演:「従業員が一番大事」

●定員:80名(先着順・定員になり次第〆切)
●チラシ(pdf)はこちら
 次回について ノアインドアステージ(株)での経営品質向上の取組みについて、更に理解を深めていただくために、現地見学会を開催します。11月に京都西校(阪急西京極駅)を訪問し、直接お話を伺いながら現場でのスタッフの皆様の優れた取り組みをご紹介いただきます。この機会に是非、ご参加ください。
お問い合わせ先 京都経営品質協議会事務局

〒604-8151京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町222

京都いのべーしょんオフィス

E-mail:hinshitu@kyo-quality.jp

TEL:075-744-1951
お申込みはこちらから↓
 

のついている項目は必須項目になります。必ずご入力ください。


企業名・組織名

代表者名

郵便番号


所在地

電話


FAX

申し込み担当者

業種


京都経営品質協議会の会員

 会員 非会員

参加者名1


配属・役職1



電子メールアドレス1

参加者名2


配属・役職2


電子メールアドレス2



参加者名3


配属・役職3


電子メールアドレス3



参加希望日を入力してください

今後、京都経営品質協議会からのご案内の送付について
 承諾する 承諾しない

通信欄
  • 本申込書により取得した個人情報は、申込内容の確認、当協議会事業に係る、連絡・案内などのために利用します。ご本人の承諾なく開示・第三者へ提供することはありません。

第2回経営品質オープンセミナー(第9回京都フォーラム)~受付終了しました~

テーマ 第2回経営品質オープンセミナー(第9回京都フォーラム)
講師 伊那食品工業株式会社 代表取締役会長 塚越 寛

人と経営研究所 所長 大久保 寛司

日時 2016年7月22日(金) 16:00〜18:00(受付15:30~)
会場
京果会館 3階大ホール
京都市下京区朱雀正会町1-1
参加費 ●京都経営品質協議会会員:3,000円(お一人)

●非会員:5,000円(お一人)

※熊本地震義捐金としてお一人3,000円の寄付を含んでおります。

内容
2016年度第2回オープンセミナーは、伊那食品工業(株)の塚越寛会長をお招きし、講演会を開催します。
塚越会長は「会社の存在意義は人々の幸せの追求にある」との理念に基づいた経営を実践し、46年間連続の増収増益という長期成長を実現されました。
今回は「企業経営のあるべき姿」をテーマに、50年の長きにわたり実践してこられた経営哲学についてお話いただきます。
●【第1部】基調講演
テーマ:「企業経営のあるべき姿」
講 師:伊那食品工業株式会社 代表取締役 会長 塚越 寛氏
●【第2部】トークセッション
テーマ:「いい会社をつくりましょう」
パネラー:塚越 寛氏
パネラー・コーディネーター:人と経営研究所 所長 大久保 寛司氏
●定員:30名(先着順・定員になり次第〆切)
●主催:素晴らしき経営研究会
●共催:一般社団法人 京都経営品質協議会
●塚越会長におかれましては、現在基本的に一般向け講演は実施しておられません。
多数の申込が予想されますので、先着順30名様とさせていただきます。
なお、定員が限られているため、1社から多数のお申し込みをいただいた場合は、調整をお願いする可能性がありますが、あらかじめご了承ください。
また参加費は、熊本地震被災者への義捐金としてお一人様3,000円の寄付を含んでおります。
是非、お早目のお申し込みをよろしくお願いいたします。
講師プロフィール 塚越 寛氏(つかこし ひろし)

1937年長野県駒ヶ根市に生まれる。伊那北高校時代に肺結核を患って中退。

1958年伊那食品工業株式会社に入社。83年代表取締役社長に就任。

以後、相場商品だった寒天の安定供給体制の確立、食品以外の寒天の用途開拓

などによって、46年間連続の増収増益を実現。業務用寒天の国内最大手に育て上げる。

96年に黄綬褒章を、2002年にわが国の産業と地域社会に貢献した中堅・中小企業の経営者に贈られる「最優秀経営者賞」(日刊工業新聞社)を受賞。

大久保 寛司氏(おおくぼ かんじ)

1949年生まれ。

日本IBMにて本社の業務改革推進本部MDQ(マーケット・ドリブン・クオリティ)推進担当、カスタマー・サティスファクション担当。

お客様重視の経営革新、社員の意識革命の促進に従事し、社長が委員長をつとめるお客様満足度向上委員会の事務局長および社内アセスメント、方針管理の責任者として辣腕を振るう。

2000年4月に退職し、「人と経営研究所」を設立。人と経営のあるべき姿を探求。

相手の立場に立ったわかりやすい説明により、企業はもとより、医療、自治体、教育関連からの指導・講演依頼が殺到し、東奔西走の日々を送っている。

1995年設立の「日本経営品質賞」創造時から関与し、推進委員として普及に貢献。いまも「アセスメント基準研究会」の責任者として活躍している。

お問い合わせ先 京都経営品質協議会事務局

〒604-8151京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町222

京都いのべーしょんオフィス

E-mail:hinshitu@kyo-quality.jp

TEL:075-744-1951
受付は終了しました。多くのお申込みをありがとうございました。